Gショット治療で不感症とバイバイ

☆不感症で恋愛に臆病になる

不感症とは性的刺激に対し、全く興奮がない・感じない事を言いますが、男性よりも実は女性に結構多いのです。日本人の7割の女性が性行為におけるオーガニズム(快感・歓び)を体感した事がないという驚きの統計調査があると言われています。10人中7人が性交渉を行う中で「気持ちいい」と感じた事がないという事ですよ。これは残念な話です。

オーガニズムに到達しなくとも、好きな人と肌が触れ合って「なんか気持ちいい」という中間の女性もいます。それは気持ち・メンタルが乗っていると私は考えます。ただ、気持ちが乗っているならオーガニズムもやっぱり欲しい、経験したい、いやむしろした方がより一層、相手を愛しく思えたり、一体化したと感じる事でしょう。


もう一方で、加齢を重ねると不感症、何をしてもされても感じない・気持ちよくない、という女性も多いです。キスをしても何も感じない、ときめきや歓びすら感じなくなってしまったのにはホルモンのバランスが良くない、ストレス過多だったり原因は人それぞれですが、あまりに不感症なので恋愛しても・・もれなく性交渉がついてくると考える女性達は恋愛そのものが面倒くさくなってしまう傾向にある様です。更に残念なお話です。

☆Gショット治療で快感を手に入れる

私って一生性交渉でオーガニズムを体験できないのかな?不感症は治らないのかな?と悩める女性軍よ、あるのです。不感症治療=Gショット治療はあります!(主に美容外科で治療、婦人科系の治療項目)一生不感症のままでいるなんて、女性として生まれてきて、一度の人生ではありませんか!ここは快感を手に入れに、欲で突っ走ってもいいでしょう。

Gショット治療(不感症治療)とはどの様な治療かと言いますと、女性器(内側・膣のちょっと先辺り)にはGスポットという快感・オーガニズムスポットが存在します。そのGスポットをめがけて専用器具で膣を開き、ヒアルロン酸を注入して、Gスポットを隆起させる、形成するのです(Gスポットを隆起させると感度が上がる)。


ヒアルロン酸はご存知の通り、個人差もありますが、約1年で体内に吸収されるので半永久的な効果はありません。定期的なメンテナンスが必要ですが、施術時間も数十分で済む・手軽に快感を得られる、オーガニズムを感じる、感度が高まり満足のいく性交渉ができ肉体的にも精神的にも充実した恋愛を送れるとメリットは何気に多く大きいのです。

※施術当日から通常通りの生活も送れるので生活に支障はありません。

☆まとめ

完全な不感症ではなくても、性行為の際に本当の快感にまで到達していない人にも有効なGショット治療法です。感度アップだけではなく男性にも喜んでもらいたいと思う女性も多く、Gショット治療を受ける女性の想いは様々ですが、それくらい女性は性交渉を重んじているという事でしょうね。


ほら、男性はどうしても生物学的な問題もありますので女性ほど重んじていないところがあります。これはもう仕方ない事なのですが、ただ心は通じます。男性にも喜んでもらいと思う気持ちが伝わり一つになった時、二人の愛はもっともっと深くなる事でしょう。

加齢による不感症にお悩みのマダムもGショット治療で旦那様でも恋人でも、再熱をして下さい。都市伝説かどうかは置いておいて、男女共に高齢になっても性欲がある人の方が長生きするらしいですよ。

 

TEXT BY

美容医療の美容整形魂
大山 りす

江戸時代から現代にタイムスリップして参りました。
酔っぱらって井戸に落ち、目がさめたら「平成」という時代に来てしまいそのまま現代で生きしのいでおります。
~笑う門には福ありやんす~ 大山りす