美容外科・美容皮膚科クリニックの比較・口コミ・ランキングなら美容整形魂

search
美容整形魂 Bitama
美容整形魂 Bitama

クリニックを探す(登録クリニック657件)

インプラント治療をする!(by大山のインプラント挑戦④)

インプラント治療をする!(by大山のインプラント挑戦④)

筆者の実体験シリーズ第4弾です。インプラント治療に現在挑戦中です。

(過去記事はこちら→第①弾第②弾第③弾



今回は‥完全に個人的な出来事ですが‥単純に「悲しい」です。インプラントを検討している方、これからインプラントをお考えの方にも参考にしていただけたらありがたいです。

目次

☆インプラントが癒着してない

☆インプラントのデメリット

☆まとめ

☆インプラントが癒着してない

きましたよ、ついに、筆者にも手術によるデメリット・副作用が!!!インプラントを行うにあたり、自分にはまさかデメリット・副作用が起こるわけがないと当たり前だと思っていたわけですよ。でも所詮、筆者も人間です。さんざんびたまコラム内でも美容整形するにあたり今まで体にないもの・異物が体に入る事により、拒否反応が起こる、この異物は私の体に必要ない!!と追い出そうという力を発揮するのです。人間の体って本当に賢いというかよく出来ています。整形だけに限らず、それは起こりうる力です。

そんなこんなでインプラント=異物と体が反応したのかどうなのか、、、分かりませんが、筆者のインプラント(ネジ・土台の部分)が骨・歯肉に癒着しておりませ~~~~ん。が~~~ん。超ショック!!!


私的には大事件なのですが、インプラントの土台ネジがぐらぐら揺れます。施術したのは4月上旬も上旬、2カ月がもう少しで経とうとしているのに、ぐらぐらです。通常なら、2カ月経過で骨にネジが癒着し、揺れる事はありません。

筆者の場合は、インプラント土台を入れた後、入れた部位をオープンにしていたのですが、痛みと違和感を感じたので、仮歯でブリッジをして、インプラント施術部位を覆ってました。なので、消毒はこまめに歯医者さんで行っていたのですが、久々にチェックのため、蓋を(ブリッジ)をあけてみたら‥というとこで癒着してない、ぐらぐら揺れる、という事が判明しました。実際はその前からなかなか癒着はしてない様子は自分でも察していて、先生自身も察していて‥もう少し様子を見てみましょうという話だったのですが、だめなものはだめ!って(笑)口内の組織が反発したのでしょう。しかし、望みをかけた放置もあえなく残念な結果に至り、落ち込む日々です。

☆インプラントのデメリット

インプラントデメリット、施術後の痛みや腫れは置いてといて、筆者の様に癒着しない・インプラントの土台が骨にくっつかないといういう事ですが、筆者の癒着しなかったケースは、

・骨が薄い&拒否反応(前章でも言ったけどw)

これに尽きるという事です。

内側は歯肉・骨がしっかりしていて、ネジもくっついているのですが、外側は歯肉がVの字の様になり、ネジがむき出しになってしまっています。それは骨が薄すぎてネジに対して厚みが足りなかったからなのです。

勿論、インプラント土台を入れた際はきちんと中心に先生は入れてくれましたが、入れた直後はもちろん腫れあがりますし、落ち着くまでは位置というのはいまいちわかりませんでした。ただ落ち着いてからは少し外側に寄っているなぁ、という感じです。

時間が経てば土台ネジも歯肉で覆われて骨とくっついてくれるかなと思ってましたが、骨も‥嫌なものは嫌です、といった具合に相手してくれず、ネジは揺れるは自分で磨けないは(被せ物があるため)‥これがインプラントのデメリットかぁ‥

あれ‥もしかしてもしかして、私…


インプラントに実は向いてない体質なのかも!!と思いました。

先生の腕が未熟なんじゃないの?という声も上がりそうですが、そういう問題ではありません。むしろ先生はインプラントの症例数はとても多い方です。更に言うとかなり慎重であり、施術前のカウンセリン等も入念に行うタイプです。症例写真やインプラントの構造なども見せてくれたり質疑応答をしっかりと時間をかけて行います。これはインプラントの治療に限らず、先生はどの様な症状に対してもカウンセリングにかなり時間をかける、むしろ歯医者の中でも珍しいタイプだと筆者は思うくらいです。