美容外科・美容皮膚科クリニックの比較・口コミ・ランキングなら美容整形魂

search
美容整形魂 Bitama
美容整形魂 Bitama

クリニックを探す(登録クリニック657件)

毛穴パックはダメ?毛穴パックの正しい使い方

毛穴パックはダメ?毛穴パックの正しい使い方

毛穴の中でも1番気になる部分てやっぱり鼻じゃない??あれ・・筆者だけ?まさか〜大半の女性は毛穴=鼻だと勝手に思い込んでいます。だって鼻専用の毛穴パックが売ってるくらいですもの。しかも種類も豊富ですし・・鼻の毛穴ってなぜこんなに成長するのさ(怒)!と鏡で自分の顔を見るたび毛穴に対する【なぜだ】感は常にあります。

お手軽に利用・使用できるのが先ほども言った「毛穴パック」ですよね。筆者も一時期はまってましたよ。本当にごっそり抜けて気持ちいいし手間がかからない、面倒くさがり屋の筆者は3週間に1度のペースでごっそりすっきりを味わっていました。


一時期はまっていた・・・ということは今は使ってないの?という質問が上がりますよね。その通り、今はもう使用していません。だって・・だって・・。

ということで、今回は鼻の毛穴パックの正しい使い方から本当に毛穴パックは肌にいいものなのか?それとも肌にとってダメなものなのかをお伝えしていきます。

目次

☆毛穴パックの種類

☆毛穴パックの正しい使い方

☆まとめ

 

☆毛穴パックの種類

筆者が使用していた毛穴パックは、市販・通販でも比較的どこで売っているはがし取るタイプのシール式のものです。毛穴パックは大きく分けて2種類、シール式のものと、洗い流すタイプのものがあります。

昔は洗い流す方が主流だった気がしますが、現代っ子はシール式の方が主流だと思います。コンビニにも売ってるくらいですからね。シールタイプの毛穴パックは、鼻全体を濡らすorシールそのものを濡らし、鼻に貼って乾くまで10分から15分待って、剥がします。吸着力が強いので剥がした後のシールと見ると、ごっそり毛穴に詰まった汚れ・角栓がついてきます。このごっそりが快感になり、尚且つ楽チンということで大人気になったわけです。売り出し当初は白いシールだったのに、ごっそりをもっと見れる様にシールが黒いものも発売され、男性用のものも発売、毛穴シールパックって本当に需要あるのね〜と思います。

もう一方の昔、主流だった(シール式が発売される前)洗い流すタイプの洗い流すタイプのパックはクレイパックです。クレイパックは粘土を原料としたパックで、抗炎症&殺菌作用が毛穴に詰まった汚れや角栓除去に効くとされています。


クレイパックは鼻だけではなく、顔全体に使えるものが多く、顔の気になる部位に塗って、乾くまで待って洗い流します。クレイパックは昔でいうトレンディドラマやハリウッド映画の劇中などで、女性が夜のお手入れとして使われるシーンで観られ、ちょっとおしゃれなセレブセルフケア的な感覚を覚えたものです。

筆者はシールタイプも洗い流すタイプもどちらも経験済みですが、どちらも正しい使い方があります。それは次の章でお話していきましょう。

☆毛穴パックの正しい使い方

毛穴パック、シールタイプ・洗い流すタイプ、どちらにも言えることですが、使い方を間違えると、肌にある角質・水分・油分までもなくなってしまうのです。毛穴パックの正しい使い方は、肌のターンオーバーを考えて使用することです。ターンオーバー(肌細胞の生まれ変わりのサイクル)は個人差もありますが、だいたい1ヶ月〜2ヶ月半です。この期間に合わせて毛穴パックは使用した方が良いのです。ターンオーバー中に毛穴パックをバンバン使用すると、お肌の水分や油分がなくなってしまい逆に肌を傷つける、カサカサになってしまうのです。

ちなみに筆者はこの苦い経験をしました・・・・。


やみくもに、毛穴パックを(シールタイプ)をじゃんじゃん使い、朝夜関係なくごっそり感を味わっていましたが、頻繁にやっているのでさすがにごっそり感などないですよね。鼻がカラッカラになり、乾燥してカサカサ、しかもトナカイではありませんが、鼻が赤くなってしまいました。パック後のケアもしっかりしていなかったのもよくなかったと言えます。

パック後の正しいケアとしては、保湿ケアがとっても大事です。角質を剥がしてお肌に傷がついたり、水分・油分が少なくなり潤いがなくなってしまっている状態なので、必ず保湿をしましょう。

期間も守った方がいいけれど、パックの時間、置き・待ち時間と言いましょうか、この辺も商品の説明をよく読んで、何分たったら剥がす・流すと記載されている通りに、従ってくださいね。

筆者もですが、長くパックをつけていればいるだけ吸着力は上がるし、ごっそりいけるんじゃないか!!と思い長い時は30分くらい放置してましたが、これは超ダメ!逆効果です。肌が乾燥してしまう要因になりますので、きちんと使用時間は守りましょうね。